【宝満山ヒキガエル 2024年第一報】

親ヒキガエルが池に向かって下山中

1月18日夕方、小雨の中登山道をチェックしてたら、居ました。
登山道の横の石の上にオスヒキガエルが仁王立ち(写真1)。
メスがくるのを見張っていました。
その後、ペアのヒキガエル(写真2)を発見。
ペアの大きいのがメス、おんぶされているのがオスです。
池に向かって移動中でした。
大きな木の根元の枝の間にペアがひっかかっていました(写真3,4)。
池に向かって進む時、木の股に挟まれた様です。
何とか脱出させました。

このところの暖かい雨で親ヒキガエルが下山してきました。
今年は暖冬気味で、ヒキガエルの活動が早めになっているようです。
これから、林道でのヒキガエル(写真5)の轢死事故が心配です。
1月から2月の間、林道を通る運転手さん!、
横断中のヒキガエルに注意して運転をお願いします。

▲写真1:登山道でメスが下山してくるのを監視しているオス

▲写真2:ペアで下山中のヒキガエル

▲写真3:木の枝に挟まって動けないペアを後ろから見る

▲写真4:木の枝に挟まって動けないペアを前から見る

▲写真5:林道を横断中のヒキガエル

太宰府市民遺産第16号
宝満山ヒキガエルを守る会

#太宰府 #市民遺産 #宝満山 #ヒキガエル